いくたの前向記後向記

こじらせ処女だった頃から数えて10年が経ち、今では4児の母になりドタバタしながらも夫と子どもと仲良く暮らしています。

カテゴリ: 次男出産

麻酔弱めますよ…!!え、まじ?と思いつつ承諾。あと1.2時間で産まねば…また旦那は帰され個室で子宮口全開になるまで一人で麻酔なしで耐えなくてはならぬ…ええい、麻酔が弱まったくらいでなんじゃい!そんな痛く無いだろ!と思ってたんですけどね…10分もしないうちに痛み ... 続きを読む
麻酔弱めますよ…!!

え、まじ?と思いつつ承諾。あと1.2時間で産まねば…また旦那は帰され個室で子宮口全開になるまで一人で麻酔なしで耐えなくてはならぬ…

ええい、麻酔が弱まったくらいでなんじゃい!そんな痛く無いだろ!と思ってたんですけどね…

10分もしないうちに痛みがすげえ強くなってる。




痛いよおおおおおおおおおー〜ー〜ー〜よく出産レポ漫画で読んでたやつ!おんなじ!痛い痛いわ!

思ったより叫ばなかったものの…事あるごとに

麻酔!麻酔をっっと口走っていたらしいです。
一回言ったのは覚えてるけど何回も言った記憶は無いのですが、とにかく麻酔をー〜😭と訴えていたらしい。助産師さんはというと

おお!やっぱり一気に子宮口開いたよ!もうちょいもうちょいで終わる!いけるぞ!
会陰避けないで産めるようにするから元気出してこ❣️みたいな事をおっしゃっていたので会陰が避けないなら頑張る…!と半泣きでいきんだりなんだりしてました。

途中あまりの痛みに叫んだり泣いたりするのが急に

この、泣くとか叫んだり…とかもう無駄じゃない?どうせ痛いの変わらないし…みたいな達観した考えが脳内を駆け巡り泣くのもうめいたりするのもすっぱり中断。もうこのなんかこのうんこ出したい感じに神経を集中させて外に出そう!

みたいな考えにシフトした瞬間のいきみで一気に次男誕生!

産声もすぐ出て大きく、元気が良かったのとびっくりするくらいきれいな肌色で産まれてきたのでなんてきれいなんだ…と産後ハイ状態でめちゃくちゃ感動しました。そして私も旦那も号泣…。今回はへその緒を寸分も怯まず切ってくれました。

そして、今回は長男の時のような吐き気や悪寒などのトラブルはなく2時間LDRで休んだ後、個室に戻りました。確か時間としては午後9時くらい。

夕飯、もちろん無し…時間が過ぎたから😭😭お腹空いてたんだけどな!

個室に戻った時に忘れていた尿意が込み上げてきました。個室にトイレがあったので点滴を引きずってトイレに入ったんですがパンツ下ろしたりなんだりがなんか

なんか


急にめんどくさくなって

ぼんやりしてるうちに気づいたら便座の一歩手前で

も   ら    し   ま   した…!
気づけば何時間もトイレ行ってなかったからとんでもない量(汚くて申し訳ない…)

しかし、出産直後で尿の色というよりかは血の色がすごい…

でも産後ハイが抜けきらない私はまだトイレの外の個室の椅子に座っていた旦那に明るく


やばい☺️☺️漏らした!!
と告げました…今思えば何やってんだ私…と思うのですがその時ばかりは本当にハイだったので…

旦那と看護師さんに汚したところを綺麗にしてもらい、着替えを手伝ってもらい…ベッドへ寝かせてもらい…みたいな子どものような感じで寝かしつけられその日を終えました…

翌朝元気よく目覚め、思えば会陰も裂けなかったのでかなり身体も楽で恐れていた後陣痛もそれほど痛くない!やや産後ハイが抜けきらないまま朝食をとり…産まれた赤ちゃん達が並ぶガラス張りの窓になっている新生児室で我が子を20分程眺めに行きました。

次男の出産が3人産んだうち最も痛かった出産になりますが産後の調子としてはすこぶる快適でした。入院中は産んだ次の日の午後からは母子同室でお世話開始なのですがあまりにも寝ない赤ちゃんだったので苦労したのはまたいつかお話したいと思います。

個人的にベストだなと思う出産としては三男の時の出産で自然に陣痛が始まり笑って陣痛に耐えられるあたりまで陣痛に耐え、それから麻酔を打ち、特にいきむこともなくするりと産んで、次男の時のように産後トラブルが無い…みたいな出産がしたいなと思うのですが今回はどうなるやら…☺️

長男出産話が終わったので今度は次男の出産について。まずは無痛分娩を希望していたので計画分娩であらかじめ出産日を決めて入院しました。この点は長男と同じです。38週の検診にて子宮口が2センチあいていたので2日後にもう産みましょう!みたいな展開でした。内診グリグリ ... 続きを読む
長男出産話が終わったので今度は次男の出産について。

まずは無痛分娩を希望していたので計画分娩であらかじめ出産日を決めて入院しました。この点は長男と同じです。38週の検診にて子宮口が2センチあいていたので2日後にもう産みましょう!みたいな展開でした。内診グリグリ…とかは一切ナシです。

2日後の朝8時半から入院。LDR室にすぐ通されました。そこから無痛分娩に関する硬膜外麻酔の準備と陣痛促進剤の点滴の準備が始まりました。確か促進剤の点滴が先。

15分くらいでどっちの処置も終わり。今回は足の左右で麻酔の感じ方は変わらずバランスが取れた麻酔のかかりかたでした。いい感じ!今回もきっと痛くないはず…と心を躍らせておりました。今思えば飛んだ間違いでしたが…

経産婦ということもあって長男の時に入れられたバルーンは一切使いませんでした。本当に今日産まれるのか?大丈夫か?と不安に思ってましたが先生曰く今日産まれるから大丈夫!と。

痛みも何も全く感じず、定期的に陣痛がきてるのがわかる中、夫と談笑したりテレビを観たり…。お昼が出ましたが前回出産後に嘔吐してことを思い出してほとんど手をつけませんでした。これは今思えば正解だったかも。

水分も少しずつとり、トイレに行きたい気持ちを抑え採尿の回数を少しでも減らすことに意識を集中させました。確か2回採尿したかな…くらい。

午後4時くらいでやっと子宮口が7から8センチほどに。何やら話し込む周囲…なになにまた途中で明日から仕切り直しか??なんて思っていたところ…もうすぐ産まれそうだし、陣痛が弱くなっても困るので麻酔を弱めていきますね…と伝えられました。


え?キコエナカッタヨ!!なんて言った?え?
麻酔弱めんの?大丈夫?

とりあえず困ります!とも言えずワカリマシタ…と言うしかできませんでした。ここからが本当に辛かった…

次回に続きます。
×